ソフト,【第3類医薬品】【10個セット】,ユベラC,14174円,/leant1672116.html,vm.sch159ufa.ru,10個セット!,【正規品】,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 肌荒れ・にきびの薬 , 第三類医薬品,96包×10個セット 10個セット 第3類医薬品 ユベラC ソフト 超特価SALE開催 正規品 96包×10個セット 10個セット 第3類医薬品 ユベラC ソフト 超特価SALE開催 正規品 96包×10個セット 14174円 10個セット! 【第3類医薬品】【10個セット】 ユベラC ソフト 96包×10個セット 【正規品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 肌荒れ・にきびの薬 第三類医薬品 14174円 10個セット! 【第3類医薬品】【10個セット】 ユベラC ソフト 96包×10個セット 【正規品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 肌荒れ・にきびの薬 第三類医薬品 ソフト,【第3類医薬品】【10個セット】,ユベラC,14174円,/leant1672116.html,vm.sch159ufa.ru,10個セット!,【正規品】,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 肌荒れ・にきびの薬 , 第三類医薬品,96包×10個セット

10個セット メーカー在庫限り品 第3類医薬品 ユベラC ソフト 超特価SALE開催 正規品 96包×10個セット

10個セット! 【第3類医薬品】【10個セット】 ユベラC ソフト 96包×10個セット 【正規品】

14174円

10個セット! 【第3類医薬品】【10個セット】 ユベラC ソフト 96包×10個セット 【正規品】



ユベラ-Cソフト

商品説明

『ユベラ-Cソフト』

ユベラ-Cソフトは,体内で協力し合うビタミンEとビタミンCを効果的に配合したシュガーフリー(砂糖を含まない)で,しかも味の良い顆粒剤です。
しみ,そばかすや末梢血行障害による肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷えの緩和に,また肉体疲労時や体力低下時のビタミンE・C補給に適しています。


※ メーカー様の商品リニューアルに伴い、商品パッケージや内容等が予告なく変更する場合がございます。また、メーカー様で急きょ廃盤になり、御用意ができない場合も御座います。予めご了承をお願いいたします。

【ユベラ-Cソフト 詳細】

3包(3.6g)中
トコフェロール酢酸エステル300mgアスコルビン酸600mg
添加物として コムギデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,香料,還元麦芽糖水アメ,リボフラビンを含有。
原材料など
商品名ユベラ-Cソフト
内容量96包
販売者サンノーバ(株)
保管及び取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。また,本容器内に他の薬剤等を入れないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割した残りを服用する時は,袋の口を折り返して保管し,2日をすぎた場合には服用しないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
用法・用量
次の量を食後に水またはお湯で服用してください。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
小児(7歳以上15歳未満):1/2包:3回
7歳未満:服用しないこと


■小児(7歳以上15歳未満)に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
効果・効能
末梢血行障害による次の諸症状※の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ・冷え,しもやけ。
次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血。
次の場合のビタミンECの補給:肉体疲労時,病中病後の体力低下時,老年期
※ただし,これらの症状※について,1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は,医師,歯科医師又は薬剤師に相談すること。
ご使用上の注意
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
 医師の治療を受けている人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書をもって医師,歯科医師又は薬剤師に相談してください
 (1)服用後,次の症状があらわれた場合

[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,胃部不快感

 (2)1カ月位服用しても症状がよくならない場合
3.生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,医師又は薬剤師に相談してください
4.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください 便秘,下痢
広告文責株式会社プログレシブクルー
072-265-0007
商品に関するお問い合わせ会社名:エーザイ
問い合わせ先:お客様ホットライン室
電話:フリーダイヤル 0120-161-454
受付時間:平日9:00~18:00(土,日,祝日9:00~17:00)
区分日本製・第3類医薬品

■ 医薬品の使用期限

医薬品に関しては特別な表記の無い限り、1年以上の使用期限のものを販売しております。

それ以外のものに関しては使用期限を記載します。


医薬品に関する記載事項

10個セット! 【第3類医薬品】【10個セット】 ユベラC ソフト 96包×10個セット 【正規品】

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

Play/Pause

New Posts

More

ネイチャーニュース

3598
3364
4970
3697
3899
4030
More

鳥と生きもの

2140
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマ...
3112
3780
8296
4561
More

お花や植物

2937
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもある...
3287
5180
2731
5039
More

トレッキング・アクティビティ

274
2706
3584
4167
4415
5222
More

NZアウトドアブランド&ギア

4383
ニュージーランドで有名なアウトドア・ブランドやアウトドア・ショップと言ったら、以前にも紹介した『カトマンドゥ Kathmandu』や 『マックパック Macpac』などが真っ先に挙がるだろう。事実、これらのお店は最大都市オークランドの目抜き...
8874
「ハワイ州が環境に有害な日焼け止めの販売を禁止する法律を発表」―― そんなニュースが驚きをもって世界中に報じられたのは、2018年の中ごろだった。ハワイ州は海水浴客の使う日焼け止めクリームが世界的に有名なサンゴ礁を破壊しているとの調査結果を...
7082
マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
3882
ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば真っ先に名前の挙がるKatumandu(カトマンズ/カトマンドゥ)。 先日、年に四回ある割引きセールの時をねらって、以前から欲しいと思っていた登山靴を購入してきた。 . さて、真新しい登山靴を手に...
3726
ニュージーランドに住むようになってから、身の回りのアウトドアグッズがこれまでモンベル一辺倒からマックパック&カトマンドゥ一辺倒(二返倒!?)になってきた。理由はいろいろあるが、最大の理由はモンベルがNZでは買えない上に、これらの”ご当地ブラ...
More
274
これまで難易度様々なトレッキングコースを紹介してきたけれど、今回はちょっと新しい試み。Gopro8を手に入れたので、動画撮影もしながら歩いてみた。今日紹介するのは、まだこのHPでアップしてないオークランド近郊のおすすめコース、ワイタケレ・リージョナルパークの「Karamatura Loop Track (カラマツラ・ル...
2937
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもあるくらいだ。 さて、そんなニュージーランドの長い山歩きにおいては、少しでも道中の”...
2140
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマダラ)。色が派手なおかげで遠くからでも見つけられる、NZで最もポピュラーな生きも...
2238
12~2月の、真夏を迎えたニュージーランド。僕は週末を迎えるたびにそわそわして、ありったけの遊び道具を車に詰め込んで出かける日々が続いている。行き先は、もちろん海!それもビーチではなくて、ひと気の少ない岩場に狙いを定め、ウェットスーツを着込んで銃を持って潜りにでかけている。そう、スピアフィッシングにハマッてしまったのだ...
2706
ロトルアと言えば温泉やマオリの文化体験がよく知られているけれど、一方で「素晴らしい湖がたくさんあるアクティブティ天国」でもある。地図でロトルアをみてみると、中心部から東側に大小さまざまな湖があって、しかもアウトドアの国・ニュージーランドだけにどの湖もハイキングコースが通っているのだ。 この記事では、その中でも比較的アク...
3287
4月から5月ごろにかけて、秋のニュージーランドでは紅葉がピークを迎える。 僕の住むオークランドでも街路樹や街中の木々が赤や黄色に色づいてきていて(この記事は5月上旬に執筆)、人々の目を楽しませてくれている。南島のアロータウンという町では毎年この時期になるとオータム・フェスティバルと題して紅葉を背景に開拓時代に思いを馳せ...
4258
NZ各地で開催される週末のファーマーズマーケットに足を運んだことはあるだろうか?週末の青い空のもと、コーヒーを片手に活気あふれるマーケットを歩いてみよう。色とりどりの食べ物に、個性豊かなアートや雑貨・・そこでしか買えない“一品もの”を生産者さんと言葉を交わして購入したり、地元アーティストのライブミュージックに耳を傾けた...
3584
トレッキングにおいて、「滝」というのは最高のギフトだ。 豪快なしぶきをあげる滝が道の先にあるなら足取りも軽くなるし、滝が作りだす川や崖は素晴らしいランドマークになって、単調になりやすいトレッキングコースにメリハリをつけてくれる。 今回僕が足を運んだニュージーランド北島の「ワイレレ・フォールス」は、その点でいえばこれまで...
3598
NZ北島のトレッキングコースの中でも、”湧水の川”に沿って歩けるとても珍しいコース「Blue Springs」。ある日ボトルウォーターの源泉地としても知られるこのコースを知人と歩いていたとき、川を眺めながら「ニュージーランドの水」の話をし始めると、常に水を観ながら歩いたせいか、その日は最初から最後まで「水」の話でもちき...
4167
「ミルフォード・サウンドのクルーズか、ダウトフル・サウンドのクルーズ。どっちに乗ったらいいんだろう・・!?」 ニュージーランド南島への旅行を計画するとき、世界遺産地域のフィヨルドを巡るクルーズは旅のハイライトになりうる最上級のアクティビティだ。それだけに念入りに計画を立てようとして、ミルフォード・サウンドか、お隣のダウ...

こんな記事も読まれてます

今年から「今月読まれた人気記事」をPV(ページビュー)ごとにランキング形式にして、毎月末にお届けしてみたいと思う。 さて、第一回は2017年1月のランキング。見逃した記事があれば目を通してみよう! 人気記事10位:成長すると形が変わる!?ニ...
ニュージーランドの土ボタル(グロウワーム)鑑賞と言ったら、オークランドから車で2時間ほどの南にある「ワイトモ・ケーブ」が有名だと思う。もしかしたらあまりに有名すぎて、ここでしか土ボタルを観られないと思っている人も多いかもしれない。 でも、実...
オークランドでも桜を見ることができるスポットがあって、春の季節には日本人をはじめとしたアジア人が待ってましたとばかりに花見を楽しむ光景を目にすることができる。 以前にも紹介した、 9月上旬ごろに街路に咲く台湾桜に、 9月下旬から10月はじめ...
ニュージーランドでは夏に野外を歩いていると、オレンジ色のひときわ大きな蝶が飛んでいるのを目にすることができる。皆さんも、夏のニュージーランドで上の写真のような蝶を見たことはないだろうか? 12月に入ってこのオレンジの蝶を頻繁にみかけるように...
ニュージーランドには「カウリ」という有名な樹があるのをご存じだろうか? カウリはとても大きく育つ木の一種で、高さは最大で50メートル超(ビル16階相当)、幹の直径4m、大人10人でやっと囲える太さにまで育つ巨木になることで知られている。 最...
「飛べない鳥」と言ったら真っ先に名前の挙がる鳥がニュージーランドにいる。国鳥にもなっている「キーウィ(KIWI)」だ。 彼らはニュージーランドの鳥にしては珍しく夜行性で、数が激減しているおかげでめったなことでは野生のキーウィを見ることはでき...
ニュージーランドに限らず、海外に留学をすると、避けて通れないのがアサイメント(レポート)と試験だろう。 日本語でも大変なレポートを英語で何百字も書くというのは、正直慣れていないと大変な作業だ。 そこで多くの留学生はわからない単語やキーワード...
その月に発表した記事の中で、特によく読まれた記事をPV(ページビュー)順に紹介するコーナー「今月の人気記事トップ5」。2017年6月のトップは、殿堂入りした「入国の税関検査」記事の続編として書いた、あの記事だった。 6月の人気記事トップ5:...
Return Top