14115円 天童将棋駒の置物 左馬 九寸飾り駒(高さ27.2cm) 山形県の伝統工芸品 店舗・オフィス・新築祝いに Tendou-shougikoma Hidariuma, Wooden ornament インテリア・寝具・収納 インテリア小物・置物 置物 山形県の伝統工芸品,Hidariuma,,左馬,/episcenium1473721.html,Tendou-shougikoma,14115円,店舗・オフィス・新築祝いに,vm.sch159ufa.ru,ornament,天童将棋駒の置物,九寸飾り駒(高さ27.2cm),Wooden,インテリア・寝具・収納 , インテリア小物・置物 , 置物 14115円 天童将棋駒の置物 左馬 九寸飾り駒(高さ27.2cm) 山形県の伝統工芸品 店舗・オフィス・新築祝いに Tendou-shougikoma Hidariuma, Wooden ornament インテリア・寝具・収納 インテリア小物・置物 置物 天童将棋駒の置物 左馬 九寸飾り駒 高さ27.2cm 山形県の伝統工芸品 店舗 ornament Hidariuma Wooden Tendou-shougikoma 新作 大人気 オフィス 新築祝いに 山形県の伝統工芸品,Hidariuma,,左馬,/episcenium1473721.html,Tendou-shougikoma,14115円,店舗・オフィス・新築祝いに,vm.sch159ufa.ru,ornament,天童将棋駒の置物,九寸飾り駒(高さ27.2cm),Wooden,インテリア・寝具・収納 , インテリア小物・置物 , 置物 天童将棋駒の置物 左馬 九寸飾り駒 高さ27.2cm 山形県の伝統工芸品 店舗 ornament Hidariuma Wooden Tendou-shougikoma 新作 大人気 オフィス 新築祝いに

天童将棋駒の置物 左馬 格安 九寸飾り駒 高さ27.2cm 山形県の伝統工芸品 店舗 ornament Hidariuma Wooden Tendou-shougikoma 新作 大人気 オフィス 新築祝いに

天童将棋駒の置物 左馬 九寸飾り駒(高さ27.2cm) 山形県の伝統工芸品 店舗・オフィス・新築祝いに Tendou-shougikoma Hidariuma, Wooden ornament

14115円

天童将棋駒の置物 左馬 九寸飾り駒(高さ27.2cm) 山形県の伝統工芸品 店舗・オフィス・新築祝いに Tendou-shougikoma Hidariuma, Wooden ornament





もっと豪華に!置物・お飾り装飾グッズ各種こちら

バイヤーのオススメコメント
山形県天童市は、将棋駒の生産で全国の大部分を占める、一大産地です。
天童将棋駒は、平成8年に国の伝統的工芸品として指定されました。

天童で将棋駒づくりが始まったのは、将棋が庶民に定着した江戸後期。
当時、天童織田藩の財政は大変な窮乏に苦しんでいました。
そこで、織田藩はかつて米沢藩から技を学んだ駒づくりで財政を立て直そうと、藩士たちに奨励。
幕末には、天童伝統の草書体による書き駒の基礎が築かれたといいます。

左馬とは、馬の字が左右反転して書かれたもの。
「うま」を逆に読むと「まう(舞う)」となります。
舞は古来めでたい席で催されることから、縁起の良い招福の意味につながります。
また、左馬という字の下の部分が、財布の巾着の形をしており、口が良く締まって、 入った金が散逸しないことから、富のシンボルとしての意味があります。

gt;gt; 天童将棋駒の一覧ページ

仕様

駒:幅25.8×奥8.5×高27.2(cm)・約2550g
台:幅33.5×奥16.5×高4.3(cm)・約1150g
ギフトラッピング承ります
ラッピングをご希望のお客様は、ラッピング用品も同時にお買い求めください。
この商品は、以下のラッピングが可能です。
 ◎和紙包装紙 50円

天童将棋駒の置物 左馬 九寸飾り駒(高さ27.2cm) 山形県の伝統工芸品 店舗・オフィス・新築祝いに Tendou-shougikoma Hidariuma, Wooden ornament

Story

THE ONITSUKAは、ウエア、シューズ、アクセサリーから成り、見た目の美しさだけではなく、身に着けた時にどのように感じるかという点にこだわり、永く愛されるコレクションであることを目指しています。

more view

永きにわたり、“ラグジュアリー”とは、限られた方だけの贅沢と見做されてきましたが、本来はもっと身近で多くの方に寄り添うものであると考えます。

私たちは“ラグジュアリー”の本質を「人々の生活に喜びをもたらすもの」と解釈します。

喜びとは目に映るものだけではなく、それを身に着ける人に寄り添い考え抜かれたディテールひとつひとつから感じるものです。

その深遠な美しさと不朽のスタイルにより、最初のスケッチから最後のステッチといった工程からもその喜びは導き出されます。

これこそが日本のクラフツマンシップの真髄であると考えます。

THE ONITSUKAは、ラグジュアリーファッションを贅沢から喜びを与えるものへと再定義します。

PAGE TOP

ニュースレターに登録して最新のアイテム情報を受け取ろう

Slava Yurthev Copyright